おむつ用ゴミ箱はおむつポットンが最高!三年以上使ってみての口コミ

使用済みのおむつの匂いってかなり気になりますよね。ビニール袋に包んで縛って捨てたとしてもいつものゴミ箱に捨てているとかなり匂いが漏れてくるはずです。

そこでおつむ専用のゴミ箱購入を検討されるかと思いますが、店舗やネットでも色々種類が出てきて迷ってしまうと思います。

そこで本ページでは我が家で実際に使用中(娘3歳(おむつ卒業まで使用)、息子1歳(使用中))のピジョンのおつむ用ゴミ箱「おむつポットン」を紹介、レビューしたいと思います。

三年以上使っていますがこれがかなり優れたおむつ用ゴミ箱になります。 

 

f:id:TAT208:20170817100627j:plain

 

 

おむつポットンの特徴

おむつの匂いに関して

一番気になるところはおむつポットンを使用して使用済みおむつの臭いがしてくるかどうかだと思いますが、結論から言ってほとんど臭いはしてきません。

芳香剤の置いてある換気扇を使用した状態のトイレに設置しているということもありますが、おむつポットンからのおむつの匂い漏れはほぼ気にならないです。

流石に溜まったおむつをまとめて捨てる時には蓋を大きく開けたままにする必要があるので当然ですがかなり強烈なおむつの匂いがします。

ただこれはどのおむつ用ゴミ箱でも同じかと思うので、そのたまったおむつを捨てる時だけは我慢が必要という感じです。

 

専用カートリッジ不要

おむつポットンは専用のカートリッジやカセットといったものが不要なので、そういったものを使用しなければならないアップリカ等のゴミ箱と比較するとランニングコストを大きく抑えることができます。

お財布的な観点から言ってこれは非常に節約になるのでおむつポットンはコスパにも優れていると言えますね。

我が家でも一度だけカセットタイプのおむつ用ゴミ箱を使用したことがありますが、カートリッジを取り付けるのも手間ですし、すぐにカートリッジが切れたりとコスパも非常に悪かったために、おむつポットンを使用することになりました。

 

どれ位おむつをためておけるか

おむつポットンにはどの程度のおむつの量をためておけるかというのも気になる点だと思います。例えばですが我が家の実例を下記に示します。 

・子供一人、日中保育園利用時の場合:一週間ため続けてもゴミ箱はパンパンになりません。

・子供二人、日中保育園利用時の場合:オムツ替えの頻度にもよりますが5日位は普通にもちます。

・子供二人、保育園不使用の場合:2日持つか持たないか位の期間でゴミ箱パンパンになっていました。

 

おむつポットンの使い方  

実際の写真を交えてその使い方を紹介したいと思います。

おむつを投入し、(※ちなみに使用済みおむつはキッチン用の小ポリ袋に入れています。) 

f:id:TAT208:20170817100702j:plain

 

レバーを降ろすだけ。 

f:id:TAT208:20170817100714j:plain

 

そしてレバーを元に戻せば何事もなかったかのように元どおり。

f:id:TAT208:20170817100718j:plain

 

我が家では使用していませんが、ゴミ袋(ビニール袋)を直接おむつポットンにセットすることも可能です。

直接セットすれば、ゴミ収集の日に直接ゴミ袋を取り出して口を縛るだけですぐにおむつを捨てられる状態にすることができます。

  

おむつポットン自体の値段

おむつポットンは約3000円程度で購入することができます。

最初購入するときはおむつのゴミ箱のためだけに3000円というのは高いなという印象でしたが、実際に使ってみて十分元のとれる商品だと思いました。

我が家では娘が約3年間使用しましたし、1歳になる息子がいますが彼のために現在もまだ使用しています。

 

置き場所のおすすめ

これはちょっと余談になりますが、おむつポットンの置き場所おすすめはやはりトイレになります。

トイレに置くことで、おむつについたウンチをトイレに流す→そのまますぐおむつを捨てるという作業がスムーズにおこなえます。

またトイレにおむつポットンを置いておくことで換気扇を回すことで臭いがこもらないというメリットもあります。

更に置き場所をトイレにすることで、わざわざおむつゴミ箱専用の消臭剤を用意しなくてよくなるので経済面でメリットも出すことができます。

 

おわりに

我が家では前述の通りおむつポットンを3年以上使っていますが、まだまだ故障というかおむつポットンが壊れる様子も今の所ありません。

そのため息子がおむつを完全に卒業するその時までまだまだ使い続けることになると思います。