家計の見直し節約をするなら自動車保険を見直そう

f:id:TAT208:20171123154828p:plain

家計の節約をしたい、でもケチケチストレスを溜めながらの節約はしたくない。

そんな時にまず見直したいのが家計の変動費ではなく固定費ですよね。

今回この記事では車を持っている人なら必ず降りかかってくる自動車保険という固定費を安く節約する方法をお話ししたいと思います。

 

 

自動車の任意保険を安く節約できるよう工夫しよう

自動車を持っているとどうしても必要となってくるのが任意保険。

任意だからといって入っていないと万が一という時に多大なコストを払わなくてはいけなくなってしまうので、実質強制加入的な保険となっています。

ですが、その加入先の保険会社は自分で選ぶことができるのでメリットデメリットを比べながら自分で選ぶことができます。

そこで気になってくるのがやはりその料金ですよね。

車の保険も値段はピンキリで下手したらほぼ同じ補償内容なのに値段が倍違うなんていうことも多々あります。

なので次の項からオススメの車の保険の選び方と私が実際に加入している保険についてお話ししたいと思います。

車両保険の見直しを考えている方、家系の節約を考えている方、これから始めて車両保険に入るあなたの参考になればと思います。
 

自動車保険の申し込みは絶対にインターネットから

まず車の保険を考えている方に必ずして欲しいことはインターネットを使って手続き申し込みをするということです。

何故インターネットからの申し込みをお勧めするのかというと、インターネットから申し込むというだけで一万円近くの割引を受けることができるからです。

私の現在加入しているSBI損保自動車保険でもネットから申し込むことで最大10,500円の割引を受けることができます。

ネットから申し込むだけでこの割引を受けることができるのは本当にお得です。

SBI損保以外の保険会社でも同程度の割引額のインターネット割引が行われていますので、是非自動車保険を契約する際は割引額を確認の上、インターネットからの契約をしてみて下さい。

 

一括見積もりサイトの利用が便利

私が現在利用している 自分にあった保険を探す際に便利なのはやはり車両保険一括見積もりサイトを利用することです。

車両保険一括見積もりサイトで必要事項を記入して見積もり申請をすると車両保険を扱っている複数社からあなたの提示した内容にあった保険のプランをメールで送ってもらうことができます。

この一番のメリットは複数社の見積もりを一度にもらうことができる点です。お客様の内容だといくらいくらですというのが一目瞭然の形で送られてくるので簡単に最安値の節約になる保険会社を選ぶことができます。

私が利用したのは「価格.com自動車保険」の一括見積もりです。上は七万円位から下は二万円後半位の値段の振れ幅で複数社から見積もりを得ることができました。

この結果からわかったことは同じ様な補償内容でも保険会社によって三万〜四万円も価格が違うということです。

これだけの額が毎年の固定費として家計に乗ってくる訳ですから、未来の家計のことを考えても今から節約をしておきたいですよね。

また、この自動車保険の一括見積もりのメリットとしては「無料」ということです。

無料で最安値の保険会社を探すことが簡単に探すことができるのでやらない手はないとことですね。 

SBI損保自動車保険の口コミ・評判

私が「価格.com自動車保険」の保険一括見積もりを用いて、数ある保険の中から選んだ保険はSBI損保の自動車保険です。

何故選んだのかといえばそれは率直に言って保険料が安いから。

ゴールド免許で年間走行距離15,000km以上、普通車、26歳以上等の条件で価格は約25,000円です。

勿論対人対物の保証は無制限でついています。

走行距離が私の場合だとかなり走るほうなので、もしあなたが車を持ってるけどそこまで利用しないという方ならより安い保険料になるでしょう。

また、運転手を限定したりする事で割引を受けることができたり、自分専用に保険内容をカスタマイズできる点も魅力的な点だと思います。

 

おわりに

仮に車に乗ろうが乗るまいが家計にのしかかってくる自動車保険額。

もし毎年漫然と更新だけを行っているという場合は是非この機会に今まで使っていた保険会社以外も検討してみてください。

 

価格.com 自動車保険