子育て中でもできる効果の大きい節約術5選。合計で年20万円以上にも。

f:id:TAT208:20171126141646p:plain

子育て中ってやはり何かとお金がかかるものですよね。

例えば保育園の保育料だったり、習い事に通っていれば習い事代、食費や被服費だって子供の分だけかかる。

正直言ってお金をかけ始めると、いくらお金があっても足りないという状態になってしまうと思います。

だからと言ってそれらの多くの出費をけちけちしながら削りたくない、生活水準を大きく落としてストレスまで溜めたくないですよね。

今回はそんな子育て中でもストレスなく無理なくできる節約術を紹介したいと思います。

下記の目次がリンクとなっていますので好きなところからお読みください。

1.図書館利用で節約しながら親子で読書を楽しもう

f:id:TAT208:20170924103225j:plain

子育て中なら図書館の利用は是非ともおすすめしたいです。

絵本を子供に読んであげることは親子の良いコミュニケーションにつながりますし、子供の教育上も言葉を覚えたり物語を楽しんだりと良いこと尽くめです。

絵本も一冊千円とかするので、絵本を沢山読んであげたいとなるとどうしてもそのコストが気になってきてしまいます。

そこで図書館の利用です。

図書館であれば自治体にも寄りますが二週間で10冊の本を無料で借りることができます。

親子でカードを作成すればより多くの冊数を借りることも可能です。

また、子供の絵本を借りるのと同時に自分の好きな本を借りるのもいいですよね。小説や料理本などの実用書、雑誌も色々な種類置いてあります。

使わない手はありません。

他にも図書館では乳児や幼児向けの読み聞かせイベント等も行われていますので、平日や休日に子供連れて行く場所が無いなんて時にもそういったイベントを利用するのがいいと思います。

子供にどういった絵本を読んであげたらいいかわからない。

そんな時には私の書いた次の記事を参考にしてみてください。
毎日読み聞かせしてる父が選ぶ0から3歳児向けおすすめ絵本20選 - STYLE SHIFT

 

2.レンタルビデオ店利用からオンラインの動画見放題サービスに変えてみる

f:id:TAT208:20140709092004j:plain

実店舗のレンタル店を利用されてる方も沢山いらっしゃるかと思いますが、これをインターネットの動画見放題サービスに変えてみるのはどうでしょうか。

例えばレンタルビデオ店の場合、安い店料金の場合でも一本80円位だと思います。

五本借りた場合で400円。

これが動画見放題サービス、例えばアマゾンプライムビデオの年間契約をすれば月々325円で動画見放題となります。

なので月々80円4本以下の本数を借りるのであれば見放題サービスを契約する必要がありませんが、それ以上の本数、値段のレンタルをする場合は見放題サービスがお得となります。

また、アマゾンプライムビデオ等のオンライン動画配信サービスの場合レンタルをしに行ったり返却をしに行ったりという手間がありません。

小さい子供がいる場合にはこのレンタルの借りたり返却しに行くという行為自体が結構な負担となったりしますからね。

この点インターネットオンデマンド動画配信サービスだと非常に手間がなく、子育て中でも楽に好きな動画を楽しむことができます。

関連記事:amazonプライムビデオが子育て中のファミリーにとてもお勧めな件 - STYLE SHIFT

 

3.クレジットカードは年会費無料、還元率のよいものを選ぶ

f:id:TAT208:20171126092427j:plain

クレジットカードを日々利用されているのであれば年会費が安いもしくは無料のもの、また還元率のよいクレジットカードを選択しましょう。

クレジットカードを見直すだけで年間数万円分得するなんてこともザラにあります。

お恥ずかしながら実際私自身がそんな経験をしているので分かるのですが、一度使い始めたクレジットカードを変えるのって結構気持ち的に労力がいるんですよね。

クレジットカードをしっかりと調べて自分にあったものを選択することで同じ額のお金を使ったとしてもより多くの特典を得ることができます。

節約を考えるのであれば多少労力をかけたとしてもクレジットカード選びに一度時間を割くことをお勧めします。

私自身のクレジットカードに関する話は次の記事で書いています。クレジットカード選び失敗、毎年損を積み重ねた私の失敗談とその改善策 - STYLE SHIFT

 

4.自動車を持っているなら必ず自動車保険を見直す

f:id:TAT208:20171126092702j:plain

子育て中だと田舎でなかったとしても車があると便利で持ちたくなるものですよね。

ただ、車を持つと付いて回ってくるのがその維持費。

税金や車検、ガソリン代、オイル交換など数え始めるときりがありません。

しかもそれらの多くが節約しようにもなかなか節約がしにくい項目ばかり。

その中でも唯一簡単に誰でも節約できるのが任意の自動車保険です。

あなたは今どんな自動車保険に入っていますか?

自動車を購入する際にディーラーから勧められたままの自動車保険に入っていたりしないでしょうか。

もしあなたがそのような状況であれば是非この際に自動車保険を見直してみましょう。

その際役に立つのがインターネットの自動車保険一括見積もりサービスです。

こちらの記事にも書いていますが、私も一括見積もりを利用して最安値の自動車保険を簡単に見つけることができました。

自動車保険は本当の話、保険会社によって額が2倍以上違うなんてことがあります。

なんとなく入ったきり一度も自動車保険を見直してないという方はこの機会に是非見直してみてください。

関連記事:家計の見直し節約をするなら自動車保険を見直そう - STYLE SHIFT

 

5.家計の見直し節約を図るならスマホの料金の見直しは必須

f:id:TAT208:20160426140714j:plain

子育て中でも負担なく家計を見直すならスマホ代の見直しははずせません。

何故外せないのかといえばその効果額が大きいからです。

我が家の場合、こちらの記事にも書いていますが夫婦でスマホ代見直し前後で年間10万円の節約効果でした。

年単位で10万円なのでこれから先何十年とスマホを使い続けることを考えると何百万円と差が出てきます。

なのでまだ三大キャリアで月々何万円と払っていて節約を考えたいという方は格安SIMへ絶対に移るべきです。

関連記事:ソフトバンクからマイネオへ夫婦で移行。スマホ代年間10万円以上の節約に。 - STYLE SHIFT

 

おわりに

ここまでの節約効果額をざっくり一例として合計額を算出してみると、

1.図書館利用で次の代金を節約
 単行本一冊、絵本1冊購入 2,500円/月→0円/月=30,000円/年

2.レンタルビデオオンラインに変更 1,000円/月→325円/月=8,100円/年

3.クレジットカード見直し 10,000円/年

4.自動車保険の見直し 35,000円/年

5.夫婦でのスマホ見直し 100,000円/年

合計で約200,000円にもなります。

実際には家庭によってケースバイケースになる部分も多いかとは思いますが、下手したらこれより節約効果額の大きくなる可能性もあります。

なのでこの記事を読まれたこのタイミングがいい機会と思いますので、是非本記事を参考に家計の見直しを図ってみてください。

節約できたお金は貯金や投資に回すのもよし、好きなものや欲しかったものを買うのもよし。

自分の満足できるお金の使い方をしていきましょう。