多忙なあなたでもできる読書時間の作り方増やし方7つのコツ【積読解消】

f:id:TAT208:20170703060621j:plain

本を読みたいとは思っていてもなかなか時間を取ることができない。

そんなことを思ったことありませんか?

本は買ってる、でも全然読めていなくて積読しちゃってる、そんな状態になっていませんか?

仕事や家事、人付き合いや他の趣味、やることが沢山あるとついつい読書は後回しにしてしまいますよね。

今回この記事ではそんなあなたでもすぐにできる、読書時間の作り方、増やし方、積読を解消する方法を合計7つ紹介します。 

ぜひあなたの読書生活に役立ててみてください!

読書時間がないを解消するおすすめの捻出方法

1. 風呂でのリラックスタイムに読書をプラス

f:id:TAT208:20180125044159j:plain

もしあなたがお風呂でゆっくりと湯船につかるタイプの人なのであればお風呂の中で読書をするのはどうでしょうか。

お気に入りの本を一冊持ち込んで、入浴しながら読めば体を温めつつ楽しい読書タイムを過ごすことができます。

おすすめは紙の本を持ち込むことですが、防水ケースに入れたスマホもしくはタブレットを持ち込んでKindleアプリで読むなんてのもいいかもしれません。

2. トイレで踏ん張りながらの読書も良い

家のトイレに常に一冊以上本を置いておくという方法もあります。

ちょっと衛生的でないような感じもしますが、常に置いておくことでトイレでの戦いが長引きそうになった時に退屈しないで済みます笑。

3. 通勤・通学中に読む(聴く)

3-1. オーディオブックを使って通勤通学を快適に

f:id:TAT208:20180125043813j:plain

通勤や通学の時間に読書をするというのは良い方法ですよね。

なにを今更という感じかもしれませんね。

私は車通勤なんだけど、どうやって本を読めと?

と思われるかもしれません。

そんなあなたに朗報です。

車通勤の人でも本を読む(聴く)方法があるんです。

まず初めに挙げられるのがオーディオブックと呼ばれる本を読み上げた「耳で聴く本」を利用する方法です。

オーディオブックを使えば小説から、実用書、ビジネス書まであらゆるジャンルの本を耳で聴くことが可能になります。

このオーディオブックを手に入れるにはiTunesStoreでデータ購入したり、CDを直接買ったりする方法が一般的です。

ただ最近ですとオーディオブックサービスは「FeBe」やアマゾンの「Audible」などといった新しいサービスも出てきておりその利便性が高くなってきています。

なので以前より全然安価かつ簡単にオーディオブックを手に入れられる環境ができてきていると言えます。

早速そういったサービスの中からあなたが一番扱いやすそうなものを選んで使ってみましょう。

これで仮にあなたが車通勤や通学だとしてもその車内で好きな本を読む(聴く)ことが可能になります。

3-2. iPhoneとKindleアプリがあればオーディオブックいらず

f:id:TAT208:20180125043158j:plain

また、あなたがもしiPhoneユーザなのであれば、本を読む(聴く)方法として次のような方法もあります。

iPhoneとKindleアプリ、Kindle本を組み合わせることで本の文章を読み上げてくれるようになるんです。

その設定方法については下記記事で書いていますが、簡単に設定を行うことができます。

関連▶︎【iPhoneユーザ向け】Kindleの読み上げ機能の使い方 - STYLE SHIFT

この方法を使うことで車の通勤中に好きな本を読書することができるようになります。

この機能を知ってからというもの私自身も積極的に使っていて通勤時間だけで月に4冊以上の本を読むことができています。

4. ちょっとした待ち時間に読む

f:id:TAT208:20170111142216j:plain

病院の待ち時間や店で料理が出てくるまでの間など、日々の生活の中だとちょっとした待ち時間がちょいちょいあるはずです。

そういった時間にも読書をしてみましょう。

スマホをいじる時間のほんの5分でいいからその時間を読書にあててみましょう。

1日あたりの読書量が仮に少なかったとしても塵も積もれば山となる。

積み重ねることで長期的にみれば多くの時間を読書に使うことができるようになります。

5. 会社の昼休みなどの休憩時間に読む

会社の昼休みや休憩時間に自分の読みたい本を読むというのもありです。

紙の本を広げて読むのがなんとなく恥ずかしいと言うのであれば、スマートフォンにKindleのアプリを入れてそれで読むようにしましょう。

今の時代休憩時間にスマホを利用している人は沢山いますからいいカモフラージュになります。

6. 自分が面白いと思う本を読めば読書が最高に楽しい!

f:id:TAT208:20180125045748j:plain

ここまでは具体的ないつ読書をおこなうかという時間的なアプローチをしてきましたが、ここからは読書時間の作り方の別のアプローチを紹介します。 

例えばですが、勉強のために本を読むという行為。

勉強のために本を読むんだというのはとても偉いと思いますし、実際に勉強してその知識が身につくのですから役に立つ訳でいいことずくめです。

しかし、勉強のためだけだとしたら読書を心からしたいと思えるでしょうか?

思えるのであればよいですが、実は読みたくない、勉強したくないという気持ちがあると読書ができなくなる可能性があります。

つまり何が言いたいかというと、自分が面白いと思う本を読もうということです。

自分の読みたいと思う本を読むことでその本の世界に引き込まれて、意地でも時間を確保するようになります。

テレビを見る時間を削ったり、スマホでなんとなくネットサーフィンをしてしまう時間などそういった時間を読書に当てるようになるはずです。

なのでもしあなたが読書を習慣にしたいんだと思っているのであれば、まずはあなたが読みたいと心から思える本を探しましょう。

そんな本に出会えれば寝食を忘れてのめり込めるはずですよ。

7. ブログやツイッター、フェイスブックで読書友達を作ろう!

f:id:TAT208:20180125044746j:plain

ブログやツイッター、フェイスブックを使って読書友達をつくるというのも読書を楽しむのによい方法の一つです。

自分の読んだ本の内容を他の人と共有したり、感想を話しあったりするというのは実に楽しい行為です。

今の時代本を読んでる人口自体は減っていますから、身近にあなたの読んだ本を読んだ人がいる可能性は低いです。

でもネットの世界を使えばまだまだあなたの読んだ本と同じ本を読んだと言う人は沢山います。

なのであなたがもし次本を読んだらブログやツイッター、フェイスブックで読んだ本の内容を投稿してみましょう。

そうして他の人と感想を共有したり、次あの本がオススメだよ、なんて話をしているうちに読書が楽しくなってきて自然とあなたの生活の中の読書時間は増えていくはずですよ。

おわりに www.styleshift.jp


今回紹介した方法の中でも私が一番にオススメするのは「FeBe」やKindleアプリを利用した耳から聴く読書です。

これらを使えば車に乗っている時間、買い物をしている最中、家で掃除洗濯などの家事をしている時間といったあらゆる時間が読書時間になります。

忙しい毎日を送っているとついつい読書は後回しにしてしまうかと思いますが、いろいろ工夫してぜひ読書時間を捻出してみてください。

きっと読書があなたの人生にいい影響を与えてくれると思いますよ。