子育て世代の賃貸住宅の選び方・条件〜間取り等の注意ポイント7つ

f:id:TAT208:20161218113700j:plain

これから子供が生まれる、兄弟が増える。もしくはこれから子供をつくる予定。

そんな時にどんな賃貸住宅を選んだらよいのかって悩みますますよね。

間取りは?何階がいいのだろう、どんな物件にしたらいいんだろう?

今回この記事では子育てをしやすい賃貸住宅の選び方を現役で2児を賃貸で育てている私がその体験も交えながらお伝えいたします。

間取りや部屋数から実際に子育てしてみないと気付けないポイントまで含めて7つの観点からお話ししますので是非あなたの物件選びの参考にしてみてください。

子育て世代の賃貸の選び方・おすすめの条件 

1. 間取り・部屋数について

f:id:TAT208:20180211085641j:plain

賃貸で子育てをするのであれば最低でも1DK、欲を言えば2DKは欲しいですね。

やはり日中活動する部屋と寝室は分けたいものですし、荷物や普段使わないものをしまっておくような部屋が最低一部屋は欲しいものです。

部屋数が多ければ万が一夫婦どちらかがインフルエンザにかかったりした時に一つの部屋に隔離しておくなんていうこともできますし、ある程度部屋数は大いに越したことはありません。

ただ今度広すぎるようになると片付けや掃除をするスペースが増える、家賃が増えるなどのデメリットも出てくるのでそこは子供の人数や荷物の量、払える賃貸料を考慮して判断するようにしましょう。

2. 1階、2階〜?子育て中は1階を選ぶのがおすすめ

f:id:TAT208:20180211090723j:plain

子育て中なのであれば賃貸の階層は1階を選ぶのもおすすめです。

何故1階なのかというと、子供が1歳以降の年齢になった時にやはり部屋の中を飛んだり跳ねたりしまくるからです。

どんなにおとなしい子でも家の中を走り回らないということはないでしょう。

その時に1階であれば階下への騒音を気にしなくていいのは大きなメリットです。

これに加えて1階であれば子供が間違ってベランダから落ちるということもありませんし安全の面でも安心と言えます。

子供が小さければ抱っこした状態でおむつや買い物袋などの重い荷物を持つ必要があるので2階や3階まで階段を上るのが大変だったりします。

また、ベビーカートを利用する時にも特にこの影響を受けますね。

実際に私や妻も子供を連れての階段には日々苦労しています。

朝の保育園送迎の時も階段が少なければもっと早く車までたどり着けるのにと思ったりもしています。

つまり子育て中、特に子供が小さいうちは賃貸の階層は1階がおすすめです。

3. 騒音クレーム対策に防音性の高い物件を選ぶ

f:id:TAT208:20180211085818j:plain

先程の1階を選ぶの話でも出しましたが、子供というのは部屋の中でもよく跳ね走り回ります。

そのため結構な物音がします。

子供がさらにちいさく赤ちゃんとなると鳴き声、夜泣きなど気になることも多いのではないでしょうか。

そういった観点からやはり防音性の高い賃貸を選べると子育て中は周りに迷惑をかけるんじゃないかという心配がなくなりストレスなく過ごすことができます。

なので木製アパートと鉄筋コンクリート製の賃貸を選択できるのであれば鉄筋コンクリートタイプを選びましょう。

実際我が家も今鉄筋コンクリート製の賃貸に住んでいますが隣の部屋や他の階の物音というのは全く気になりません。

また下の階に住んでる方に我が家の子供が跳ねたり走ったりしてるが問題ないですかと聞いた所全く問題ないとおっしゃっていました。

以前私が一人暮らししていた時の木製アパートは防音製が低かったですから、やはり子育て中は防音製の高い賃貸物件を選びたいものです。

4. 他の居住者にどのような人が多いか傾向を事前に確認しよう

f:id:TAT208:20180211091933j:plain

これから住もうとしている賃貸にどのような人達が住んでいるのかその傾向だけでも知りたいものです。

例えば学生が多かったりすると夜中まで騒いでうるさいなんていうことも普通にありますし、独身男性が多めとかだと赤ちゃんの鳴き声に耐性や理解がないためにクレームに発展するなんていうことが起きる可能性があります。

そのためなるべくならファミリー層が多く住んでいる物件を選びたいものです。

ファミリー層が住んでいるならば子供が泣きやまない時等もお互い様感も生まれますし、何かあった時に協力するなんていうこともできます。

実際我が家でも他の階の子育て中の方と知り合いになり子育ての情報共有や、子供の服を譲ったり譲られたりということをしたりしています。

5. 保育園・小学校は近いか?

f:id:TAT208:20170913184320j:plain

子育て中に賃貸を選ぶ上で保育園や小学校が近いかというのも大きなポイントの一つになります。

保育園が近ければ朝仕事に行く時に預けるのも楽ですし、小学校が近ければ子供の通学が楽になりますし、安全の面でいっても安心です。

なのでこれから住もうとしている物件を探すタイミングで保育園や小学校の情報についてもしっかりと調べるようにしましょう。

最悪の場合、保育園が通勤ルートの真逆にあり、朝、夕すごい時間のロスをするなんてことにもなります。

万全をきして抜かりないようにしましょう。
 

6. 病院(小児科・内科)が近くにあると安心

f:id:TAT208:20180211135731j:plain

子供が小さい時というのは本当によく風邪をひくので、しょっちゅう小児科にお世話になることになります。

実際我が家でも冬場などは2週に一回は必ず小児科に行っていると言っても過言ではありません。

なので子供を育てる住環境としては賃貸の近くに病院があると安心かつ移動の手間が少なくて済むので楽をできるというメリットがあります。

仮に子供が風邪をひかないにしても子供が小さいうちは多くの各種予防接種を受けることになるのでいずれにしても病院へは赴かなければなりません。

そのため子育てを考えた上で引っ越すのであれば住む予定の場所の近くに小児科や内科の病院があるかしっかりチェックしておきましょう。

7. コンビニが近くにあるとやっぱり便利

f:id:TAT208:20180211092250j:plain

子育て中もやはり住む場所の近くにはコンビニがあると生活はしやすいです。

例えばちょっとした調味料がないとか、そういった時に小さい子供を連れてスーパーまで行くのは非常に億劫ですが、コンビニまでちょっと買い物であればまだ行くことが可能です。

また育児中、今日はもう疲れたご飯作る元気なんて残っていないという時がしょっちゅうあると思いますが、コンビニが近くにあればすぐに食事を買いに行くこともできます。

我が家でも実際夫婦ともに疲れきっている時や、料理を作る時間がない(子供お腹減りすぎ)の時にはよくコンビニで食事を済ませてしまうことがあります。


おわりに

前述の7つの賃貸住宅選びのポイントには書きませんでしたが、住む場所の近くに公園があると子育てもしやすいです。

賃貸の場合には庭がないので、子供のエネルギー発散させる場所として公園が徒歩圏にあると嬉しいです。

公園が近くにない場合、車や電車で移動となるとどうしても億劫になってなかなか子供を連れ出してあげることが難しくなります。

他の物件選びの条件よりも優先度は下がるかもしれませんが、もし余裕があるのであれば公園の有無も確認するようにしましょう。

以上でおわりになりますが、本記事の内容はいかかだったでしょうか。

この記事があなたの賃貸住宅選びの参考に少しでも役に立てば幸いに思います。

また、当ブログでは本記事以外にもこれから子育て、もしくは子育て中のあなた向けに次のような記事も書いていますのでよかったら読んでみてくださいね。

子育て中もしくはこれから子育てをするあなた向けのおすすめ記事一覧