スマホの音声入力機能を使ってブログが書けるか試してみた結果…

先日上記のような内容のツイートをして実際に書いた文章を校正かけまくった結果がこの記事になります。

果たして音声入力でブログは上手くかけたのか、そもそも音声入力をしっかりとできたのか。そのあたりのことについて本記事ではまとめてます。

これから音声入力でブログを書いてみようかなと考えている人のお役に少しでも立てればと思います。

スマホの音声入力機能でブログを書いてみた

スマホの音声で「文字」入力できる機能がある

f:id:TAT208:20180214120728j:plain

ご存知の方も多いと思いますが、最近のスマートフォンには音声で「文字」を入力してくれる機能というのが備わってまして、これはどんなものかというとマイクに向かってしゃべった内容を文字として起こしてくれる機能なんです。

例えばスマホのメモ帳とかを開いて、音声入力ボタンを押し、「ブログのアクセス数が伸びないんですけどどうしたらいいですか」としゃべると、メモ帳に「ブログのアクセス数が伸びないんですけどどうしたらいいですか」と文字が入力されるんですね。

残念ながらアクセス数の伸び方は教えてくれませんが、代わりに文字は入力してくれるんです。

スマホ音声の文字入力機能の優れた点

f:id:TAT208:20180310133303j:plain
能力を一つ使える=ブログが書ける

©HUNTERxHUNTER 34巻

この音声文字入力機能の何が優れてるかというと、PCやスマホで手を使わずに両手開いた状態で文章を書くことができるという点なんです。

例えるとハンターハンターのクロロが天空闘技場でみせた”栞のテーマ”的なね。俺はもう両手使えるんやぞ、ドヤ顔状態ですよ。

つまり、車の運転中や家での家事を行っている最中にも文章が書けるということです。

仮に車通勤にあなたが毎日一時間かけていたとしたら、週5日で計5時間のブログ執筆時間が生まれるということです。

これは私のような日々仕事や育児、家事に追われ続けハントされそうな状態でブログを書く人にとっては非常に朗報で使わない手はないというという訳です。手は使わないんですが。

ちょっと横道逸れますが、私と同じくあなたが育児の時間に追われているなら次の記事を参考にしてみてください。

参考▶︎子育て育児中の時間がないを解消!「自分の時間」を作る7つの方法! – STYLE SHIFT

試しに少し音声入力で文章を書いてみた

音声入力で文章を実際に書いてみました。まず試しにiPhoneのメモ帳を開きそこで音声入力ボタンを押して入力することにしてみました。

するとどうでしょう、マイクに向かってしゃべった内容が本当に文章として書き上がってくるじゃないですか。

これには軽く感動しましたね。今までこの機能知っていたのですが何となく使っていなかったのでその能力(漢字をあてたり、あいふぉんとしゃべってiPhoneと入力してくれる)の高さに驚きました。

しかし、ここで問題が発生。iPhoneのメモ帳に音声入力には音声入力可能な時間制限があったんです。

時間にして1分位でしょうか、その時間を過ぎるとまたスマホの録音ボタンを押さなければならなければならないんです。

制約と誓約、それでいい文章が書けるんなら全然いいんですが、1分じゃどんなラブリーなゴーストライターだってかける文章量決まってきてしまいますからね。

地球を救う某巨大宇宙人でさえその適役怪獣倒すのに3分いるんですから地球人の私には3分じゃ全く足らないんですよ。

文章を喋るたびにスマホのボタンを押さなければならないのでは結局両手を空けた状態で作業をするということができなくなってしまうので、音声入力の意味がなくなってしまう…。

音声入力をし続けられるアプリがあった

音声認識メール クラウド

音声認識メール クラウド
¥120
posted with アプリーチ

ちょっとグーグルさんを使って調べたところ「音声認識メール クラウド」というアプリを利用すれば、音声入力を途切れることなくし続けられるということが分かったので実際にダウンロードして利用してみました。

するとやはり設定画面のところで「1発話で自動停止」という項目があってそれをオフにすることで喋り続ける(入力し続けることが可能に)なりました。

しかしここでまた問題が、アプリの方で音声入力は停止されなかったのですが、手入力による操作をしていなかったために今度はiPhoneの方で自動で画面ロックがかかり、入力が中断されてしまいました。

なので、このアプリを使用して音声入力を長時間するためにはスマホ(iPhone)自体の画面ロック設定を無期限に変更してやる必要があります。

実際に音声入力をやってみた感想

f:id:TAT208:20180307054739p:plain

上の画像が音声入力した文章の原文そのままです。ちょっと見て頂くとわかるのですが、とてもじゃないですが校正しないことには全く使い物にならないものが出来上がってしまいました。

まず考えながら喋って入力するというのが不慣れですし、やってる途中で言いたいことが急に変わるとか、言い間違えたとか、色々問題が発生してます。

また、発音やしゃべりのスピードの問題もあるのか、誤字入力もかなり発生しています。

クリアに一定のペースで綺麗に発音して入力すれば上手く入力できるのでしょうが、これが考えながら喋るのだとなかなかに難しいんですよね。

やってみた結論としては修行が必要ということですね。場数を踏んで慣れるしかないかと。ただいくらやってみても上手くいかないようなら諦めるしかありませんが。

それでもブログの下書きの下書きみたいなものを作るのは最低限できるので、アイデア保存にもいいかもしれません。

おわりに

この記事の結論としては音声入力でブログを書くというのは修行が必要ということです。

ですが修行を行い、鍛錬を怠らなければパソコンやスマホを操作することなく両手を自由に使える状態でブログを執筆することが可能になります。

その可能性を信じて音声入力にトライする。十分やってみる・続けてみる価値のあるアクションだと自分は考えます。あなたはどうでしょうか?