【勝ち方】テニスダブルスで使える10の戦術【男子女子Mix共通】

本記事では硬式テニスのダブルスであなたも使うことができる「明日の練習・試合から使えるダブルスの戦術」を10個まとめました。

私がここ数年社会人テニスをする中で実際の練習や試合の中から学んだエッセンスを詰め込んでいるのでぜひあなたのテニスにも取り入れてみてください。

きっと役に立つ項目もあるかと思います。さっそく一つ目からいってみましょう!

硬式テニスダブルス10の戦術・勝ち方

1. 積極的にポーチを特に試合前半にできればよし

ダブルスにおいて試合前半にポーチをしておくことは重要です。

仮にそのポーチですぐに得点ができなくても構いません。こちらがポーチに出る可能性があるということを相手プレーヤーに印象付けられればなんの問題もありません。

仮にですが、雁行陣の陣形であなたが後衛ラリーだとしましょう。

そのタイミングで相手前衛が全然ポーチに出てこなかったとしたらどうでしょう。なんのストレスもなく相手後衛とラリーができてしまいますね。

でも逆に相手前衛がポーチに出てくるもしくは出る動きを見せて来たらどうでしょう。あなたは急に相手後衛および前衛の動きが気になってしまいませんか。

相手前衛の動きが気になるだけでリラックスしてストロークが打てなくなったりするものです。

なので相手にプレッシャーを与えていくという意味で前衛がポーチに出ていくというのはダブルスで非常に重要です。

特に試合前半に相手にポーチに出てくる人という印象を与えておけば試合後半までそのイメージを相手プレーヤーに植え付けることが可能なのでお勧めです。

また前半のポイントの大きく溜まっていない時点であればこちらも多少のポーチミスによる失点も痛くないはずです。

ポーチは試合前半、積極的に仕掛けていきましょう。

2. 試合序盤にストレートアタックをみせておく

ポーチと同様にストレートアタックを試合前半に相手前衛に見せておくのも重要です。

あなたにストレートアタックがなくクロスラリー主体だと相手選手がわかった場合、相手選手は積極的にあなたのボールに対してポーチをかけてくることになります。

完全に決めに来ているポーチを防御するというのは結構難しいものです。

なのでできれば試合序盤にストレートもあるんだよということを相手前衛に伝えておきましょう。

あなたは、そのままのあなたのポジションにいてねと伝えてあげることが重要です。

3. デュースサイドの選手が相手前衛に対してロブをあげる

あなたが右利きでデュースサイドにいるかつ、相手前衛があなたと同サイド(デュースサイド)にいる場合、相手からの配球が甘かった際にはその前衛選手に対してロブをあげましょう。

相手前衛も右利きだった場合に相手のバックハンド側に簡単にあげることが可能になります。

基本的に上級プレーヤーでもない限りバックハンドのハイボレーは難しい技術になります。

そのためそのロブが仮に多少甘くなって相手前衛に捕まったとしてもこちらのピンチにつながることは少ないでしょう。

逆にそのロブが抜けた場合には相手後衛がバックハンドで打たなければならないために自分達ペアのチャンスボールがやってくる可能性が高くなります。

4. ダブルスではとにかくボールを浮かさない

ダブルスの基本中の基本となりますが、ダブルスにおいては浮いたボールを相手に送るというのは厳禁です。

ロブ級に高い球であれば別ですがロブ未満の浮いた球は基本打つのは得策でないです。

球威のあるトップスピンでさえ弾道が高ければ相手のボレーヤーの餌食にされる可能性が高まります。

なのでダブルスでは基本ネットの少し上を通すことを意識してなるべく弾道低めで打ちましょう。

逆にいえば、多少球威が落ちたとしてもネットすれすれで通って行った球は相手もボレーやストロークがし辛いものです。

そしてその低い弾道の球の返球でネットを越そうとする際ボールが浮くことがあるのでその球を狙って攻撃していきましょう。

5. 相手ペアの弱いもしくは調子の悪そうな選手を狙う

ダブルスではペア同士、合計4人でゲームをすることになります。なのでやはりペアがいればどちらかの選手の方が実力が上、もしくは下ということが多くあります。

なので試合前半にでもどちらの選手の方が強敵であるかわかれば、その強敵でない方を狙うのがセオリーになります。

また、テニスには結構好調不調といった波が一試合の中だけでもあるものです。

なので強い相手であってもミスを連発しているような場面に出会えば、あえてそちらの選手を狙ってボールを集めていくというのも一つのダブルス戦術になります。

6. 相手はロブを利用してくるか?試合前半でよく観察する

例えば男性同士のダブルスの場合、ロブを全く使用してこない男性というのは結構いるものです。

そういう人と対戦するときはあなたが仮に前衛、見方がサーブの場面になったらネットにベタ詰めしましょう。そしてポーチを仕掛けるんです。

相手プレーヤにロブがないのがわかっていればこれで簡単にポイントできることも多いです。

逆に女性同士のダブルスの場合ロブが使用される場面は多いと思います。

なので相手がロブを頻繁に使ってくるなという場合にはそのロブに対して対応できる位置どりを考えてポジショニングするのが良いでしょう。

7. 相手前衛がなかなかポーチに出てこないならセンターを狙って相手後衛を走らせる

相手ペア前衛選手なかなかポーチに出てこないような消極的選手の場合積極的にセンターを狙うというのも有効な戦略の一つです。

センターを狙うことでサイドライン寄りに構えている相手後衛選手をセンターまで走らせることができます。

この時走らせて仮にバックハンドで打たせることができれば返球が甘くなって返ってくる可能性があるのでそこを攻めるようにします。

8. ダブルスにおいてスライスストロークは基本現金

ダブルスにおいてスライスのストロークは基本厳禁です。何故ダメなのか。

それはスライスは球速が遅いからです。遅い球速のスライスで相手のサービスを返そうものなら確実に相手前衛選手に捕まってボレーの餌食にされます。

コート着弾後に低く滑るスライスもありますが、それでさえ着弾する前に相手前衛選手に捕まってしまっては意味がないのです。

なのでダブルスにおいては基本フラットもしくはトップスピンをかけた弾道低めのある程度球速を担保したショットを打ちましょう。

9. スライスはスライスでもスライスロブはあり

スライスは厳禁と書きましたが、スライスのロブは例外になります。

いくら球速の遅いスライスとはいえ、ロブのように高さがあればまた別です。

深さがあれば攻め込まれる可能性は大きく下がりますし、仮に浅くなったとしてもボールに高さがあれば天候などの外的要因にもよって相手プレーヤーがミスをしてくれる確率が高まります。

中上級の選手となれば別ですが、相手が初級選手の場合ロブをひたすらあげてるだけで勝てるなんていうこともあります。

緩い球への相手の対応も観察しつつピンチ以外の時も使うか、それとも緊急時だけの利用にするかよく検討しましょう。

10. 相手選手のサーブが弱いならリターンダッシュ

相手選手のサービスが弱いのであればリターンダッシュをするのも有効です。

相手ペアの前衛も後衛のサーブが弱い場合にはなかなかポーチに出辛いものですからこちらから積極的にせめていきたいところです。

フォアハンドで強打してアプローチしていくのもいいですが、私のお勧めはスライスで相手のサーブを短く相手後衛の前に浅くボールを落とすことです。

こうすることができればその返球は甘く浮いてくる可能性が高くなります。特にバックハンドのサイドに落とせれば完璧です。

そしてその甘くなった返球をきっちり前衛なりダッシュして前に出てきた後衛が決めれば簡単にポイントになります。

おわりに

内容はいかがだったでしょうか?もしこの記事の内容がこれからのあなたのテニスのお役に少しでもたてば同じテニス好き人間として幸いです。

この記事の他にもテニスの試合で勝ちたいと考えてるあなた向けに次のような記事を書いていますのでよかったら読んでみてください。

関連記事

下記の本は私も持っていますが、多くの写真や詳しい解説が書いてあり、ダブルスの基本となる戦術が詳しくまとめられているのでテニス初心者には本当お勧めです。

ぜひ手にとって読んでみてあなたのテニスのダブルス練習や試合に活かしてみてください。