【進撃の巨人25巻】進み続けるエレンその先には…【ネタバレ感想】

進撃の巨人25巻のネタバレありの感想を書きました。ネタバレしてもOKですよという場合はお進みください。

25巻は久しぶりにあのキャラやあのキャラが登場、物語はまだまだ加速していきます!

エレン達は何処に向かうのか

進撃の巨人を読んでてダブるのはやっぱり鉄血のオルフェンズなんですよね。

現状を変えようとひたすら前に突き進み続ける。それが倫理的に正しいかとかおいておいて、とにかく前へ進む。

この25巻はエレンやその仲間のとにかく前へ進むだけという行動指針が決定づいた巻だったのかと。

「俺は進み続ける 敵を駆逐するまで」

でもやはりというか、「パラディ島敵勢力へ宣戦布告を!!」なんて言われて黙って虐殺されるなんていうのは誰にもできないですからね。

特に巨人の力を手に入れているエレンとしてはこれ以上仲間を殺される訳にはいかないという思いもあるでしょう。

またちょっと話は変わりますが、エレンが一般市民や子供を殺したことによって今まで多少なりともあった平和的解決エンドルートも完全になくなりましたね。

これでまた進撃の巨人のエンディングはまたわからなくなった。エレン達が世界を取るのかそれともまたエルディア人が迫害されるような展開になってしまうのか。

「地鳴らし」を交渉カードとして使えば領土を拡大しつつのお互い不可侵条約締結とかもできるかもしれませんが。

どんな展開になるのかはわかりませんが、エレン自身が最後まで生存していくルートはないような気がするんですよね。

いやはや、やっぱり進撃の巨人は先のストーリーが読めなくて本当面白いです。通常の少年漫画ではなかなかこういった展開にはなっていかないですからね。

主人公達が行っていることが正義なのか悪なのか判断がつかない。最終的な勝者が歴史を作ると言いますが、この作品中で最後に生き残った人間がまたエレン達の行動の善悪を決定するんでしょうね。

大概の漫画の場合主人公達が正義の立場ですから敵を倒すシーンも気持ちよく読めますが、進撃の巨人の場合、相手側の立場にも立って読んだりするため気持ち的に複雑ですよね。

複雑な分面白く読めるということもありますが。

エレン達VSマーレ戦闘にワクワク

話は変わりますが、やっぱりエレンやリヴァイ、ミカサが出てくる戦闘は読んでてワクワクしますね。

25巻に続く26巻も戦闘が続くかとは思いますが、実に展開が気になります。

エレン達の誰が生き残るのかとか、マーレ側が勝利をおさめるのか。今回25巻から始まった戦闘で全てが終わるとは到底思えませんが、終わらないとしたら戦闘自体はどう収束するのかそれさえも検討がつきません。

獣の巨人(ジーク)対リヴァイの因縁の対決も激アツですし、エレン対戦鎚の巨人のバトルの行方もどうなるのか。

また25巻で出てきていないアルミンが今回の戦闘で出てくるのかとかも気になる要素です。

仮にエレン達がピンチに陥ったとしてもアルミンでワンチャンスですからね。

また、ライナーが死んでいるとも思えず、ファルコもどうなっているのかまだわかりません。

23、24巻と読んできたのがやっと報われた

今回このバトルが面白い展開となっているのもマーレ側の人間をしっかりと23巻と24巻で描いてきたからというのもありますよね。

正直言ってしまえば23巻と24巻は内容が少々退屈でしたが、ここまでのストーリーを盛り上げる伏線であったと思えば大いに納得できます。

獣の巨人ジークは前から出ていて元々キャラがしっかりと立っていましたし、ピークやガビ、ファルコといった23巻から出てきたキャラ達もなかなかいいキャラしています。

ウドやゾフィアを目の前で亡くしたガビが今後どう行動していくのかあたりも展開的に気になるところです。

そんなキャラ達とエレン達が戦うと、敵味方どちらにも感情移入して読めるので戦闘がなおのこと面白く読めますし、今後も二つの勢力が対立しながら話を進めていくと思いますが楽しく読み続けることができます。

おわりに

25巻は久しぶりに大きく話が動いたので、あれも気になるこれも気になるで展開に気になるところだらけでした。

25巻も続いていて今もなお、話の続きが気になる漫画ってのが新劇の巨人はすごいですよね。

新劇の巨人26巻の発売日は2018年8月9日(木)です。発売日を楽しみに皆で待ちましょう。

なお今回の25巻の続きの話が別冊少年マガジン2018年5月号で今すぐ読むことができますので、26巻の発売が待てない!という場合にはそちらを利用してみてください。